[Refereed Papers]

・Chapter in Book

[1] Hendry Muljadi, Koichi Ando, Makoto Ogawa, Takehiko Sakurai: Considering Feature Interactions for the Development of a Process Planning System. Initiative of Precision Engineering at the Beginning of a Millenium, Ichiro Inasaki (ed.), Kluwer Academic Publisher, 2001, p.872-876

[2]Muljadi, H., Ando, K.,Ogawa, M.: Creation of Feature Sets for Developing Integrated Process Planning System, Knowledge and Skill Chains in Engineering and Manufacturing: Information Infrastructure in the Era of Global Communication, Arai Eiji et al (ed.), Springer, 2005, p.269-276

[3]H.Muljadi, K.Ando, H.Takeda, M.Kanamaru: Considering Designer's Intention for the Development of Feature Library of a Process Planning System, Knowledge Sharing in the Integrated Enterprise - Interoperability Strategies for the Enterprise Architect, Peter Bernus and Mark Fox (eds.), Springer, 2005, p.381-388

[4]Muljadi,H. & Ando,K.: Feature Recognition Method Aiming At the Generation of Alternative Process Plans, DAAAM International Scientific Book 2005, B.Katalinic (ed.), Danube Adria Association for Automation & Manufacturing (DAAAM) International, Vienna, Austria, 2005, p.449-464

・Journals/Transactions

[1] Muljadi Hendry,安藤公一,小川誠:多様な工程設計案を許容する製造フィーチャ認識手法,日本機械学会論文誌,(C編)69巻684号(2003−8), p.2213-2221

[2]Koichi ANDO, Hendry MULJADI, Makoto OGAWA: Manufacturing Feature Recognition Method for the Generation of Multiple Process Plans, JSME International Journal, Series C, Vol.48, No.2 (2005-6), p.269-277

[3]Hendry Muljadi, Jiro Araki, Satoru Miyazaki, Asao Fujiyama: A Survey on Life Science Database Citation Frequency in Scientific Literatures, International Journal of Social, Behavioral, Educational, Economic and Management Engineering, Vol.1, No.1 (2007), p.13-18

[4]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, and Koichi Ando: Development of a Wiki-based Feature Library for a Process Planning System, International Journal of Social, Behavioral, Educational, Economic and Management Engineering, Vol.1, No.9 (2007), p.468-473

[5]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Koichi Ando: A Feature Library as a Process Planners' Knowledge Management System, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.7, No.5 (2007), p.127-135

[6]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Koichi Ando: Development of a Semantic Wiki-based Feature Library for the Extraction of Manufacturing Feature and Manufacturing Information, International Journal of Computer, Electrical, Automation, Control and Information Engineering, Vol.2, No.3 (2008), p.918-926

[7]Keita Takahashi, Hendry Litou: A Manufacturing Feature Extraction System in Machining Process Planning, International Journal of Computer Science and Network Security, Vol.14, No.3 (2014), p.25-33

[8]Hendry Litou: The Analysis of the Japan-Indonesia FTA Coverage Rates in Year 2014, International Research Journal of Marketing and Economics, Vol.2, No.10 (2015), p.13-25

・International Conference Proceedings

[1]Hendry Muljadi, Koichi Ando, Takehiko Sakurai, Makoto Ogawa: Setup Generation in a Feature-Based Flexible Process Planning System. Proceedings of the 5th International Conference on Progress of Machining Technology, 2000, p.920-925

[2] Muljadi Hendry, Ando Koichi, Ogawa Makoto: Operation Sequencing in a Feature-Based Flexible Process Planning System, Proceedings of 6th International Conference on Progress of Machining Technology, 2002, p.854-859

[3] Muljadi Hendry, Ando Koichi, Ogawa Makoto: Feature Recognition and Organization for Making Multiple Process Plans, Proceedings of 7th International Pacific Conference on Manufacturing and Management, 2002, p.934-939

[4] Muljadi Hendry, Ando Koichi, Ogawa Makoto: Creation of Feature Sets for Developing Integrated Process Planning System, Proceedings of 5th International Conference on Design of Information Infrastructure Systems for Manufacturing, 2002, p.59-66

[5]Muljadi Hendry, Ando Koichi, Ogawa Makoto: The Development of a Feature Recognition Method for an Integrated and Flexible CAPP System, Proceedings of CIRP 2nd International Conference on Reconfigurable Manufacturing, 2003, CD-ROM Paper D-31

[6] H.Muljadi, K.Ando, M.Ogawa: Practical Application of Manufacturing Feature Recognition Method, Proceedings of the International Conference on the Leading Edge Manufacturing in 21st Century, 2003, p.813-818

[7]H. Muljadi, K. Ando, H. Takeda, M. Kanamaru: Considering Designer's Intention for the Development of Feature Library of a Process Planning System, Pre-Proceedings of the 6th International Conference on Design of Information Infrastructure Systems for Manufacturing, 2004, CD-ROM

[8]Ando K., Muljadi H., Takeda H., Ogawa M.: Development of Feature Library for a Process Planning System, Proceedings of 8th International Conference on Manufacturing & Management, 2004, p.885-890

[9]H.Muljadi, K.Ando, H.Takeda: Considering Designer's Intention for the Extraction of Manufacturing Feature, Proceedings of 18th International Conference on Production Research, 2005, CD-ROM

[10]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Jiro Araki, Shoko Kawamoto, Satoshi Kobayashi, Yoko Mizuta, Sven Minoru Demiya, Satoshi Suzuki, Asanobu Kitamoto, Yasuyuki Shirai, Nobuyuki Ichiyoshi, Takehiko Ito, Takashi Abe, Takashi Gojobori, Hideaki Sugawara, Satoru Miyazaki, and Asao Fujiyama: Semantic MediaWiki: A User-Oriented System for Integrated Content and Metadata Management System, Proceedings of the IADIS International Conference WWW/Internet 2005 (Vol.II), 2005, p.261-264

[11]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda: Semantic Wiki as an Integrated Content and Metadata Management System, Poster & Demonstration Proceedings of the 4th International Semantic Web Conference, 2005, PID 44

[12]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, and Koichi Ando: Development of a Wiki-based Feature Library for a Process Planning System, Proceedings of the 7th International Conference on Enformatika Systems Sciences and Engineering, 2005, CD-ROM

[13]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Shoko Kawamoto, Satoshi Kobayashi, and Asao Fujiyama: Towards a Semantic Wiki-Based Japanese Biodictionary, Proceedings of 1st Workshop on Semantic Wikis (co-located with ESWC2006), 2006, p.202-206

[14]Hendry MULJADI, Keiichi KITAJIMA, Hideaki TAKEDA, and Koichi ANDO: Manufacturing Feature Library as a Manufacturing Information Management System for Process Planning, Proceedings of The 36th International Conference on Computers and Industrial Engineering, 2006, p.4754-4761

[15]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Koichi Ando: Development of a Feature Library for the Extraction of Manufacturing Feature and Manufacturing Information, Proceedings of 2006 International Symposium on Flexible Automation, 2006, p.555-561

[16]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Aman Shakya, Shoko Kawamoto, Satoshi Kobayashi, Asao Fujiyama, and Koichi Ando: Semantic Wiki as a Lightweight Knowledge Management System, in R. Mizoguchi, Z. Shi and F. Giunchiglia eds., The Semantic Web - ASWC 2006: First Asian Semantic Web Conference, Beijing, China, September 2006, Vol.4185 of Lecture Notes in Computer Science (LNCS), 2006, p. 65-71

[17]Seiji Koide, Takeshi Morita, Takahira Yamaguchi, Hendry Muljadi, and Hideaki Takeda: RDF/OWL Representation of WordNet 2.1 and Japanese EDR Electronic Dictionary, Poster & Demonstration Proceedings of the 5th International Semantic Web Conference, 2006, PID 30

[18]Hendry Muljadi, Jiro Araki, Satoru Miyazaki, Asao Fujiyama: A Survey on Life Science Database Citation, Proceedings of the 19th International Conference on Computer, Information and Systems Science and Engineering, 2007 (CD-ROM)

[19]Hendry Muljadi, Koichi Ando, Hayato Yagyu: The Management of Process Planners' Knowledge Based on Manufacturing Feature Concept, Proceedings of the 3rd World Conference on Production and Operations Management, 2008, p.1342-1350

[20]Hendry Muljadi, Koichi Ando, Hayato Yagyu: A Study on the Application of Manufacturing Feature for Process Planning, Proceedings of the 38th International Conference on Computers and Industrial Engineering, 2008, p.1858-1864

[21]H.Litou, Y.Watanabe, Y.Takahashi, H.Yagyu, K.Ando: The Development of Semantic Wiki for Metadata Management, Proceedings of the 20th International Conference on Production Research, 2009 (CD-ROM)

[22]Keita Takahashi, Koichi Ando, Hendry Litou: The Structure and Usage of Manufacturing Feature Library for Process Planning in Machining Processes, Proceedings of the 41st International Conference on Computers and Industrial Engineering, 2011, p.846-851

[Non-Refereed Papers]

・Research Report

[1] Muljadi Hendry, 安藤公一, 小川誠: 製造フィーチャ認識手法に関する研究, 芝浦工業大学研究報告理工系編第49巻1号(2005), p.1-9


・Proceedings of Domestic Conferences

[1] 櫻井健彦、Muljadi Hendry、安藤公一、小川誠:フレキシブル工程設計システムの研究、1999年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集、p.5 (1999年9月28日・仙台市)

[2] Muljadi Hendry、櫻井健彦、安藤公一、小川誠:自己組織化学習アルゴリズムを用いた工程設計、1999年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集、p.6(1999年9月28日・仙台市)

[3] 櫻井健彦、Muljadi Hendry、安藤公一、小川誠:動的フレキシブル統合工程設計システムの研究、2000年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集、p.44 (2000年3月24日・東京都)

[4] Muljadi Hendry、櫻井健彦、安藤公一、小川誠:フィーチャベース工程設計システムの開発、2000年度精密工学会春季大会学術講演会講演論文集、p.45 (2000年3月24日・東京都)

[5] Muljadi Hendry、 安藤公一、小川誠:フィーチャベースフレキシブル工程設計システムの開発、日本機械学会2001年度年次大会講演論文集(III)、p.321-322 (2001年8月28日・福井市)
 
[6] Muljadi Hendry、 安藤公一、小川誠:フィーチャベースフレキシブル工程設計システムのフィーチャ抽出過程に関する研究、2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集、p.377(2001年9月24日・大阪府)

[7] 小川 誠、Muljadi Hendry、安藤 公一、横山 暁英:BTAドリル加工における切りくず処理、2001年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集(2001年9月24日・大阪府)

[8] 久世秀、安藤公一、Muljadi Hendry、 小川誠:板金切断部品の製造フィーチャ認識手法の開発、日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(IV)、p.343-344 (2003年8月6日・徳島県)

[9] Muljadi Hendry、 安藤公一、小川誠:製造フィーチャ認識手法の開発、日本機械学会2003年度年次大会講演論文集(IV)、p.341-342 (2003年8月6日・徳島県)

[10] 金丸将丈、安藤公一、ムリアディ ヘンドリー、小川 誠:機械加工工程設計のための製造フィーチャライブラリ、2004年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集、CD-ROM C74 (2004年9月17日・島根県)

[11] 久世 秀、安藤公一、ムリアディ ヘンドリー、小川 誠:板金加工工程設計のための製造フィーチャ、2004年度精密工学会秋季大会学術講演会講演論文集、CD-ROM C75 (2004年9月17日・島根県)

[12] 小林悟志、川本祥子、水田洋子、Muljadi Hendry、出宮スウェンミノル、岩間久和、竹崎直子、伊藤武彦、荒木次郎、吉成泰彦、北本朝展、五条堀 孝、菅原秀明、宮崎 智、武田秀明、藤山秋佐夫: 新世代バイオポータルの開発:Webサービスによる遺伝学の普及をめざして、日本遺伝学会第76回大会論文集、2004、p.109(2004年9月29日・大阪府)

[13]武田英明、ムリアディ・ヘンドリー:Semantic Media Wikiの構築に向けて、第9回人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会、No. SIG-SWO-A404-06 (2005年3月26日・熱海市)

[14] 小林悟志、川本祥子、水田洋子、ムリアディ・ヘンドリー、出宮スウェン・ミノル、白井康之、市吉伸行、荒木次郎、伊藤武彦、阿部貴志、五條堀孝、菅原秀明、宮崎智、北本朝展、武田英明、藤山秋佐夫:新世代バイオポータル:生物学教育に活用できるWEBサイトの開発、第52回日本生態学会講演集、2005、p.126 (2005年3月28日・大阪府)

[15] 荒木次郎、北本朝展、武田英明、藤山秋佐夫、川本祥子、小林悟志、水田洋子、出宮スウェン・ミノル、ムリアディ・ヘンドリー、白井康之、市吉伸行、伊藤武彦:バイオポータルプロジェクトにおけるオントロジ構築と利用について、第19回人工知能学会全国大会、CD-ROM(2D2-02) (2005年6月16日・北九州市)

[16]小林悟志、川本祥子、水田洋子、出宮スウェンミノル、ムリアディヘンドリー、鈴木聡、阿部貴志、荒木次郎、白井康之、伊藤武彦、近藤隆、北本朝展、宮崎智、五條堀孝、菅原秀明、武田英明、藤山秋佐夫:新世代バイオポータル:理科教育および遺伝学教育に活用できるWebサイト、日本遺伝学会第77回大会予稿集、2005、p.149(2005年9月29日・東京都)

[17]北島慶一、松原新悟、ムリアディ・ヘンドリー、安藤公一:フレキシブル工程設計のための製造フィーチャライブラリの開発、日本機会学会第1回埼玉ブロック大会(講演会)講演論文集、2005、p.93-94(2005年11月25日・さいたま市)

[18]小林悟志、川本祥子、水田洋子、出宮スウェン・ミノル、ムリアディ・ヘンドリー、鈴木聡、阿部貴志、荒木次郎、白井康之、伊藤武彦、近藤隆、北本朝展、宮崎智、五条堀孝、菅原秀明、武田英明、藤山秋佐夫:新世代バイオポータル:生物学教育に活用できるWebサイトの研究開発、日本生物教育学会第80回全国大会研究発表予稿集、2006、p.27(2006年1月29日・横浜市)

[19]北島慶一、ムリアディ・ヘンドリー、安藤公一:機械加工工程設計のためのウィキベース製造フィーチャライブラリの開発、日本機械学会関東支部第12期総会講演会講演論文集、2006、p.187-188(2006年3月11日・川越市)

[20]Hendry Muljadi, Hideaki Takeda, Shoko Kawamoto, Jiro Araki, Satoshi Kobayashi, Asanobu Kitamoto, Sven Minoru Demiya, Yoko Mizuta, Kazuko Kukita, Takehiko Ito, Yasuyuki Shirai, Takashi Kondo, Nobuyuki Ichiyoshi, Takashi Abe, Satoru Miyazaki, Hideaki Sugawara, Asao Fujiyama: Semantic Wiki as a Light-Weight Metadata Management System, 人工知能学会第20回全国大会, 2006, CD-ROM (2006年6月9日・東京都)

[21]小出誠二、森田武史、山口高平、ムリアディ ヘンドリー、武田英明:WordNetとEDRのOWL表現、第13回人工知能学会セマンティックWebとオントロジー研究会、No. SIG-SWO-A601-03 (2006年7月3日・横浜市)

[22]柳生隼人,安藤公一,ムリアディ・ヘンドリー,武田英明:製造フィーチャによる製造情報マネジメントに関する研究(第一報),2007年度精密工学会春季大会学術講演論文集,2007, CD-ROM (2007年3月20日・東京都)

[23]Hendry Muljadi, Jiro Araki, Satoshi Kobayashi, Shoko Kawamoto, Keiichi Kuma, Asao Fujiyama: The Japanese Bioportal: the Portal Site for the Promotion of Life Science, Proceedings of the 16th Indonesian Scientific Conference in Japan, 2007, CD-ROM (2007年8月25日・京都府)

[24]小林悟志,川本祥子,ムリアディヘンドリー,荒木次郎,谷口丈晃,伊藤武彦,宮崎 智,隈 啓一,藤山秋佐夫: 日本語バイオポータルによる横断的ゲノムビューアの構築,日本遺伝学会第79回大会予稿集,2007(2007年9月19日・岡山市)

[25]柳生隼人,安藤公一,ムリアディ・ヘンドリー:工程設計知識マネジメントシステム開発に関する研究,日本機械学会関東支部第14期総会講演会講演論文集,2008,p.185-186(2008年3月15日・東京都)

[26]渡邊裕一,高橋雄一郎,柳生隼人,ムリアディ・ヘンドリー,安藤公一:メタデータマネジメントのためのセマンティック・ウィキの開発に関する研究,日本機械学会生産システム部門研究発表講演会講演論文集,2009, p.69-70 (2009年3月10日・東京都)

[27]大須悠季,柳生隼人,ムリアディヘンドリー,安藤公一:製造フィーチャ認識手法を用いた工程設計法,2009年度精密工学会春季大会学術講演論文集,2009,p.305-306(2009年3月11日・東京都)

[28]高橋雄一郎,渡邊裕一,李藤ヘンドリー:オントロジーに基づくラーメンデータベースの構築に関する研究,日本経営工学会春季大会予稿集,2009, p.70-71(2009年5月16日・埼玉県坂戸市)

[29]高橋啓太,大須悠季,李藤ヘンドリー,安藤公一:機械加工工程設計のための製造フィーチャライブラリの構築,2010年度精密工学会春季大会学術講演論文集,2010(2010年3月17日・さいたま市)

[30]Hendry Litou: WasabiCabe.com: The Portal Site for the Promotion of Indonesia-Japan Relation, Proceedings of the 18th Indonesian Scientific Conference in Japan, 2010, p.188 (2010年8月7日・名古屋市)

[31]高橋啓太,濱野弘規,李藤ヘンドリー,安藤公一:製造フィーチャライブラリを用いた工程設計システムの開発,2012年度精密工学会春季大会学術講演論文集,2012(2012年3月14日・東京都)

・Poster Abstracts

[1]藤山秋佐夫、北本朝展、武田英明、小林悟志、出宮 スウェンミノル、水田洋子、ムリアディヘンドリー、鈴木聡、川本祥子、荒木次郎、伊藤武彦、吉成泰彦、岩間久和、竹崎直子、宮崎智、五條堀孝、菅原秀明:日本語によるバイオ情報利用システム-バイオポータル-の開発、第27回日本分子生物学会年会、No. 2PB-300 (2004年12月9日・神戸市)

[2] 川本祥子、荒木次郎、伊藤武彦、吉成泰彦、小林悟志、水田洋子、出宮 スウェンミノル、ムリアディヘンドリー、鈴木聡、北本朝展、コリアナイジェル、武田英明、藤山秋佐夫:バイオポータルプロジェクトにおける日本語専門用語辞書及びオントロジの構築と利用について、第27回日本分子生物学会年会、 No. 2PB-301 (2004年12月9日・神戸市)

[3]藤山秋佐夫、川本祥子、武田英明、北本朝展、水田洋子、小林悟志、出宮スウェンミノル、ムリアディヘンドリー、鈴木聡、久木田加津子、許山肖子、塚本ゆみ、菅原秀明、五條堀孝、阿部貴志、宮崎智、荒木次郎、伊藤武彦、白井康之、市吉伸行:日本語によるバイオ情報ポータルサイトの開発−バイオポータルプロジェクト、国立情報学研究所オープンハウス2005、特別1(2005年6月2日・3日・東京都)

[4]小林悟志, 川本祥子, 北本朝展, 水田洋子, 出宮スヴェンミノル, ムリアディヘンドリー, 鈴木聡, 阿部貴志, 荒木次郎, 白井康之, 伊藤武彦, 近藤隆, 宮崎智, 五條堀孝, 菅原秀明, 武田英明, 藤山秋佐夫:新世代バイオポータル:理科教育に活用できるWebサイト、日本植物学会第69回大会、No.P2-87(2005年9月22日・富山市)

[5]川本祥子、荒木次郎、宮崎智、阿部貴志、重元康昌、五條堀孝、伊藤武彦、谷口丈晃、近藤隆、白井康之、市吉伸行、小林悟志、水田洋子、出宮スウェンミノル、ムリアディヘンドリー、鈴木聡、塚本ゆみ、許山肖子、久木田加津子、北本朝展、武田英明、菅原秀明、藤山秋佐夫:日本語バイオポータル:バイオ情報共有基盤とポータルサイトの開発、第28回日本分子生物学会年会、 No. 2P-0065 (2005年12月8日・福岡県)

[6]Muljadi Hendry、武田英明、川本祥子、小林悟志、北本朝展、水田洋子、出宮スウェンミノル、久木田加津子、管原秀明、五條堀孝、阿部貴志、宮崎智、荒木次郎、伊藤武彦、白井康之、市吉伸行、藤山秋佐夫:セマンティック・メディアウィキ、国立情報学研究所オープンハウス2006、No.109(2006年6月8日・9日・東京都)

[7]藤山秋佐夫、小林悟志、川本祥子、水田洋子、出宮スウェン・ミノル、ムリアディ・ヘンドリー、鈴木聡、阿部貴志、荒木次郎、白井康之、伊藤武彦、近藤隆、北本朝展、宮崎智、五条堀孝、菅原秀明、武田英明、神田啓史:新領域融合研究プロジェクト:南極大陸産コケ類の3D画面処理に関する研究、国立情報学研究所オープンハウス2006、No.118(2006年6月8日・9日・東京都)

[8]藤山秋佐夫、隈啓一、荒木次郎、MULJADI Hendry、小林悟志:南極大陸産コケ類の3Dを含むデータベース統合に関する研究、国立情報学研究所オープンハウス2007、No.110(2007年6月7日・8日・東京都)


・Other

[1]安藤 公一,Muljadi Hendry:製造知識の構造化手法に関する研究 〜モノづくり知識を体系化に整理し,誰でもいつでも使えるようにしよう〜,第62回 芝浦IE研究会(2004年11月20日・さいたま市)

[2]Muljadi Hendry:工程設計知識マネジメントのためのフィーチャライブラリ,第68回芝浦IE研究会(2007年11月17日・東京都)

[3]渡邊裕一,李藤ヘンドリー(指導教員):メタデータマネジメントのためのセマンティック・ウィキの開発に関する研究,第16回関東高専卒業研究発表交流会講演論文集(2009年3月7日・東京都)